心薙祭について ABOUT US

心薙祭とは

200団体と4,000人を超える常葉大生が参加し、約15,000人の来場者を誇る常葉大学草薙キャンパスで行われる大学祭です。ステージでの圧巻のパフォーマンス、各学部の特色を活かした教室での展示・研究発表、個性豊かな模擬店、その他ゲストライブや催し物を企画しています。

第5回心薙祭テーマ

Share smile
~全力で楽しんドコ

「withコロナ社会」と言われている中、今できる最大限を尽くし、心薙祭を盛り上げていきたいという思いが込められています。感染対策を万全にしつつ、来場された方にコロナ禍を忘れるくらい楽しんでいただきたいです!
また、楽しんドコの 「ドコ」 は常葉の「トコ」とかけていて、常葉大学らしさ全開のテーマとなっています。
皆さんの笑顔で、最高の学園祭を作り上げていきましょう!

委員長挨拶

心薙祭ホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
第5回心薙祭実行委員会委員長の神戸真弥です。

2022年度はwithコロナ社会のもと感染拡大防止対策を十分にとり、心薙祭が大いに盛り上がるよう尽力したいと思っています。

またテーマの「share smile」にもあるように来場された方に笑顔を提供できる、笑顔になっていただけるような大学祭を目指しております。併せてターゲットは学生だけでなく、親子の方でも楽しんでいただけるよう子どもの遊び場の提供などを予定し、様々な方に配慮ができる体制も整えております。

昨年同様、今年もコロナウイルス感染拡大や経済不況の影響で厳しい状況ですが、常葉大学の大きな催し物の一つである心薙祭を、必ず成功させるために、私たち実行委員会は日々チャレンジ精神をもち、取り組んでおります。

今までの大学祭の良いところを吸収した「良い常どり(いいとこどり)」の第5回心薙祭にどうぞご期待ください!

第5回心薙祭実行委員会 委員長 神戸 真弥

学長挨拶

常葉大学草薙キャンパスの大学祭「心薙(こなぎ)(さい)」は、草薙キャンパスが開設された2018年11月に記念すべき第1回目を開催し、本年度で第5回目となります。「心薙祭」という名称は、同年の大学祭において、「(てり)()(さい)」「(てる)()(さい)」そして「心薙祭」の3候補の中から学生諸君の投票で選ばれたもので、再開発によって未来に向かって生まれ変わりつつある草薙地区への学生諸君の心躍る華やかな想いが込められています。

「心薙祭」は3年前の冬に本国でも発生した新型コロナウイルス感染症の影響を受け、2年前は中止となり、昨年度は規模を縮小して開催にこぎつけましたが、誰もが楽しみにしていた模擬店の営業は見合わせました。しかし、私たちも新型コロナに負けてはいられません。今年はこれまでに得た感染防止対策の知見をなお一層活かし、模擬店も含め、withコロナ時代の新しい生活様式に沿った大学祭を開催することとなりました。

 本年度の大学祭のテーマは「Share smile ~全力で楽しんドコ~ 」です。このテーマには、withコロナのなかで最大限できる形で心薙祭を盛り上げて行きたいという実行委員会の思いが込められています。また副題にある「楽しんドコ」の「ドコ」は常葉のトコとかけてあり、常葉大学の大学祭であることを示しています。このテーマには終息の見えない新型コロナ禍という困難な状況の中にあっても、皆で笑顔を分かち合い、精一杯大学祭を楽しもうという本学の学生諸君の前向きな姿勢を感じます。本学では「未来志向」を教育理念の一つに掲げ、目下 “Beyond the Limits”、「#できないことなんてない」をスローガンに諸活動に取り組んでいますが、学生たちの姿勢はまさにそれに合致するもので頼もしく感じます。本年度、さらに一歩進んだ「心薙祭」を実現させた実行委員の方々に敬意を表しますとともに、新しい生活様式を意識しながら、笑顔で秋の祭典を楽しんでいただけますことを願っております。

常葉大学・常葉大学短期大学部 学長 江藤 秀一

理事長挨拶

令和4年度心薙祭の開催にあたり、ひとことご挨拶を申し上げます。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響がなおも残り、例年行われている大学祭のようなイベントはできないと思われますが、保護者や地域の皆さまのご協力とご理解をはじめ、学生・教職員が一丸となって大学祭の実施に向けて計画し取り組んだ結果、このような形での開催となりました。

 実行委員会はコロナ禍の中で、思うような大学祭の実施ができず、いろいろ工夫と努力を重ねたのではないかと思います。このような状況で、どのように活動をすればよいか試行錯誤の時期ですが、コロナに負けないで活動を継続することが大切だと思います。

平成25年度に10学部19学科を擁する総合大学、新「常葉大学」が誕生いたしました。さらに4年前にはJR草薙北口から徒歩4分の場所に常葉大学草薙キャンパスを建設し、静岡瀬名キャンパス、富士キャンパス、短大部の大部分が移転いたしました。静岡瀬名キャンパスと一体となって運用することで更なる発展を目指してまいります。静岡草薙キャンパス開学5年目の成果を皆様に見ていただき、実感していただければ幸いです。地域の社会、文化と教育に貢献する常葉大学に今後とも御期待くださいますようお願い申し上げます。

学校法人常葉大学 理事長 木宮 健二

過去の心薙祭

第4回 心薙祭 2021.11.6-7

テーマ:「 やっトコ!   ~Try challenging yourself as a Key to finding new Happiness~ 」

11月6日(土曜日)・7日(日曜日)、常葉大学静岡草薙キャンパスにて、第4回心薙祭が開催されました。万全な新型コロナウイルス対策を講じながら、常葉大学静岡草薙・瀬名キャンパスの関係者だけという制限下で実施しました。各学部の特色を活かした教室での展示・研究発表、ステージでの圧巻のパフォーマンス、その他ゲストライブや催し物が企画されました。

★★心薙祭ツアー2021★★

心薙祭実行委員会企画局,図書館サポーター,今村ゼミ等が出演!!
第4回心薙祭の様子や草薙キャンパス内の施設を紹介します。


第2回 心薙祭 2019.11.2-3

テーマ:「____ を、トン

11月2日(土曜日)・3日(日曜日)、常葉大学静岡草薙キャンパスにて、第2回心薙祭が開催されました。常葉大生約200団体が参加し、約12,000人の一般来場者がありました。各学部の特色を活かした教室での展示・研究発表、ステージでの圧巻のパフォーマンス、個性豊かな模擬店、その他ゲストライブや催し物が企画され、キャンパス内に大学生の活気が溢れました。

第1回 心薙祭 2018.11.3-4

テーマ:「新風・創風」

草薙キャンパス開学と共に新たに大学祭が草薙キャンパスで開催されました。 生まれ変わりつつある常葉。150 以上の団体と4000人を超える常葉大生が参加し、およそ 15,000人が来場し ました。新天地である草薙キャンパスで富士、瀬名、短大の 3 キャンパスそれぞれの風を合わせた新しい風で 創り上げられ、 そして新しい風を吹き込ませた大学祭になりました。

SNS